失敗のない喪中はがきの作成方法をピックアップしてみました。

失敗のない喪中はがき準備方法

top

喪中はがきを年末までに送る目的としては2点あり、

  • 今年に身近な人が亡くなったので、自分が喪に服していることを知らせる
  • したがって、来たる新年の挨拶は行いませんよ、という非礼を詫びる

という2つがセットとなっています。

文字通り地味な存在ですが、もし送った喪中はがきの文面やお作法に失敗があれば、ずっと受け手の記憶に残ってしまうことになります。

もちろんお亡くなりになった故人のことも大切にしたいですね。

喪中はがきは簡単に作れますが、失敗のないものを確実に作成し、必要な人に遅滞なく届くように手配するようにしましょう。

 

喪中はがきを作成するには4つの方法があります。

喪中はがきについて、すでにある程度、作成方法が決まっている場合は、以下のボタンからジャンプしてそれぞれの方法の確認へ進んでください。

おすすめはネット通販で簡単、費用も安く済む②印刷サービスの利用です。

②喪中はがきの
印刷サービス利用

宛名・文面印刷から投函まで通販で丸投げ

③自宅のプリンターで作成
文面自作
自分で印刷作業

④セブンイレブンのネットプリント
文面自作
印刷はコンビニのプリンター

 

これら4つの方法のメリット・デメリットを整理しています。

4つの方法のメリット・デメリットの比較

 

喪中はがきの作成で、ありがちな失敗についてまとめてみました。

喪中はがきの準備で、ありがちな失敗とは?

 

そもそも「喪中はがきってなに?」という人のために、喪中はがきについてのマナーと常識を整理してみました。不安な方は参照ください。

喪中はがきについてのマナーと常識

 

ひとこと言えることは、喪中はがきの作成などのように儀礼やマナーを問われるような場合は第三者の目、専門家の目でチェックをしてもらうのがおすすめです。

たとえば、喪中はがきの印刷サービスでは、すでに文面自体がチェックを受けたものが選択できるわけです。

喪中はがきづくりで、あまり労力を掛けるのはどうか、と思います。

きちんと押さえるべきところを押さえて、時間もお金も節約して、そこで浮いたものを人生を充実させる方に使っていきましょう。

と、そう思いますが、いかがでしょうか!?

 

 

 

 

 

更新日:

Copyright© 失敗のない喪中はがき準備方法 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.